株式会社イアック

環境基本方針

地球環境負荷の小さいもの造り。

環境基本方針

株式会社イアックは、木工製造業に伴う環境負荷の低減ともの造りの確かな技術で地球環境の保全に貢献します。

代表取締役社長 内海 正文

行動指針

  1. 株式会社イアックは住宅設備製品の生産に伴う事業活動及び製品が環境に与える影響を的確に把握し、技術的、経済的に可能な範囲で環境目的・目標を定め、定期的に見直すと共に環境保全活動のシステムとパフォーマンスの継続的な向上を図る。
  2. 環境関連の法律、規制、地域条例及びその他要求事項を遵守することに止まらず、技術的、経済的に可能な範囲で自主基準を制定し、環境保全に取り組む。
  3. 地球環境の保全活動を推進するため、当社の全ての組織及び従業員が活動できる環境管理委員会を設置する。
  4. 当社は環境汚染の予防に努めると共に、当社が行う事業活動及び製品が環境に与える影響の中で、特に以下の項目について優先的に保全活動を推進する。
    1. 地球温暖化と資源枯渇を防止するために、工場施設のエネルギーと資源及び生産設備エネルギーの使用効率を高め、省エネルギー、省資源化を図る。
    2. 資源枯渇庭防止するため、紙類の使用を削減すると共に、焼却灰、機械油等の廃棄物の管理と適切な処理、削減、回収及びリサイクルを図る。
    3. 環境汚染物として監督官庁或いは、各種研究施設より発表された物質は可能な限り使用を制限し、代替物質への転換等を行い削減する。又、リサイクルが可能な使用資材は再利用資源として利用する。
    4. 当社で生産する製品の環境対策について、管理責任者は必要情報の収集と確認を行う。
  5. 内部環境監査を実施し、自主管理によるEMS の維持向上に努める。
  6. 当社の立地条件を考慮し、「環境側面」を認識して、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、悪臭等の「環境影響」を最小限に止め地域環境の美化に努め地域社会との共生に努める。
  7. 環境教育、社内広報活動を実施し、当社従業員の環境方針の理解と環境に関する意識の向上を図る。
  8. 環境に考慮した製造プ口セス・生産設備、技術的な部分を除き必要に応じて利害関係者に公開する。
ページトップへ

商品紹介

Copyright (C) 2008 株式会社 イアック. All Rights Reserved.